スポンサーサイト

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OS_X:表示されているマップのリンク取得法

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する

どうしてもマップのURIが欲しい時に

マップ,アドレス

マップ.app の共有機能

上図にある通り、マップの『共有』を使えば表示されているエリアを他者に簡単に渡すことができますが、ここには "リンク (URI)" を取得したい場合の手段は設けられていません。

普通はこの共有機能だけで十分に用が足りるのですが、以下のようにするとマップで表示されている場所のURIを取得することができるので、例えば前回のエントリのようにブログ記事内にマップリンクを載せるといった使い方ができるようになります。

操作は回りくどいけど難しくはない

以下の手順でマップリンクを取得します。

  1. マップ.app のファイルメニューから "共有>メール" を選択、すると以下のようなメール作成画面が開きます
    cap_20141230_125806.jpg
  2. 添付されている画像の左上に記載されているリンクを右クリックして "リンク>リンクを編集…" を選ぶ
    cap_20141230_134800.jpg
  3. リンク編集の表示を全選択して、必要な場所へコピペ
    cap_20141230_134911.jpg

なお、このリンクをクリックすると OS X または iOS デバイスにインストールされている Apple のマップアプリを呼び出して(起動させて)指定されている座標を表示するという動作をします。

従って Windows などのように Apple のマップアプリが入っていない環境では何も起こらないので、もしブログエントリー内などにこれらのリンクを張る場合はその旨の但し書きを添えたほうが良いと思います。

[Sample]1 Infinite Loop Cupertino, CA 95014: Apple Inc.

ブログ移転のお知らせ:

2015年1月1日より移転します。詳しくは以下のエントリーをご覧ください。

【告知】2015年よりブログ開設先を移転します:リンゴが好きでぃす♪

AdSense

Ads

Blog Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。