スポンサーサイト

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OS_X:誤って閉じてしまったタブを即座に開き直す方法

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する

覚えやすいのは多分 Safari だけど、流儀的には Safari が異端かな?

reopen closed tab

主要ウェブブラウザの Safari、Firefox、Google Chrome で閉じてしまったタブを直後に開き直すための操作方法です。

メニュー項目で覚えるよりもキーボードショートカットの方が覚えやすいかもしれません。

Firefox の場合

"履歴" メニューの中に "最近閉じたタブ" という項目があるので、ここから復元したいタブ(閉じてしまったタブ)を選びます。

キーボードショートカットは shift + command + T。

タブを増やすキーボードショートカットの command + T に shift キーが追加されています。

Google Chrome の場合

"ファイル" メニューの中にある "閉じたタブを開く" を選びます。

キーボードショートカットは Firefox と同じなので、Firefox と Google Chrome の両方を使っている方は迷わずに済みますね。

Safari の場合

Safari では『閉じたタブを復元する』のではなく『閉じる操作を取り消す』という風に考えているようです。

従って、Firefox や Google Chrome などのようにタブを復元するメニュー項目やコマンドは設定されておらず、単純にアンドゥ(Undo)をするだけで済むようになっています。

コマンドは当然 command + Z。

タブを閉じる操作が間違いだった……とするなら、その操作を取り消す(Undo)する方が感覚的には肌に馴染みますが、Firefox や Google Chrome などと併用していると一瞬混乱するかもしれません (^^ゞ

ブログ移転のお知らせ:

2015年1月1日より移転します。詳しくは以下のエントリーをご覧ください。

【告知】2015年よりブログ開設先を移転します:リンゴが好きでぃす♪

AdSense

Ads

Blog Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。