スポンサーサイト

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Google_Chrome_39.0

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する

ようやく Mac 用も 64-bit 対応に

Google Chrome

11月18日、Google は "Chrome v39 (39.0.2171.65)" をリリースしました。

このアップデートによる主な変更点は以下の通り。

  • セキュリティ上の問題点(脆弱性)42件を修正
  • その他、不具合の修正など
  • 64-bit をフルサポート(Mac OS X 10.6 以降)

Google Chrome を利用されている場合は自動アップデートされるので早晩 v39 へアップデートされますが、手動でアップデートしたい場合は Google Chrome のウェブサイトから最新版をダウンロードできるので旧版と差し替えてください。

【ダウンロード】Google Chrome

64-bit 対応で機敏さが増した感じ

最近はかつてほど『速さ』に魅力がなくなっていたので、Flash コンテンツを利用する必要があるときだけに起動していた Google Chrome。
→ Adobe Flash Player 単体は Mac にインストールせず、必要があればビルトインされている Chrome を使用

OS X Mountain Lion の頃くらいから一段ともっさり感が増したような気がしてとても使いにくく感じていましたが、さきほど普段と同じ場面で 64-bit 対応となった Chrome 39 を使ってみたところ、なかなか小気味好い動作をしてくれるようになっていました。

イメージ的には「Safari 遅っ!Chrome 速っ!」と感じていた数年前に近い印象……と言うと若干言い過ぎのような気がしますが、まあ、それに似たような感じの「お、速いじゃん」という感じです。

結構いいかも(* ̄∇ ̄)ノよっw

AdSense

Ads

Blog Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。