スポンサーサイト

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GarageBand_10.0.3

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する

OS X Yosemiteへの対応やBass Amp Designerの搭載など

eyecatch_garageband_1003.jpg

10月16日、Apple は "GarageBand 10.0.3" をリリースしました。

このアップデートによる主な変更点は以下の通りです。

  • OS X Yosemite がサポートされます
  • オーディオエフェクトのプラグインを使用して、トラックのサウンドをよりきめ細かく制御できます
  • Bass Amp Designer でビンテージアンプやモダンアンプ、キャビネット、マイクなどを使ってオリジナルのベースリグを組み立てられます
  • ボーカル録音を素早く簡単に行える新しいボイステンプレートが追加されます
  • GarageBand プロジェクトを Mail Drop で送信できます
  • 垂直方向に拡大/縮小した時にトラックの高さが自動的に調整されます
  • アクセシビリティ関連の動作が改善されます

App Store アプリを起動、またはデスクトップ左上のアップルメニューから「ソフトウェア・アップデート...」を選択することでアップデータの確認と適用が行えます。

アップデート適用前後にアクセス権の修復を行うことをお勧めします。

AdSense

Ads

Blog Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。