スポンサーサイト

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OS_X_10.10_Yosemite_Public_Beta_3

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する

Yosemite パブリックベータ第三弾、不具合修正や UI 変更など

OS X Yosemite

9月15日、Apple は "OS X 10.10 Yosemite Public Beta 3" の配布を開始しました。一般向けに公開している OS X Yosemite ベータ版の最新版になります。ビルド番号は 14A361p となっています。

変更内容は開発者向けのリリースと(たぶん)同じ

同日、開発者向けには OS X 10.10 Yosemite Developer Preview 8 (Build 14A361c) が公開されており、パブリックベータ版の修正ならびに変更点などはビルド番号から推測してこれに準じているものと思われます。

なお、OS X 10.10 Public Beta 3 のリリースに合わせて、OS X Yosemite Beta Recovery Update もリリースされています。

OS X 10.10 Public Beta テスターは通常どおりソフトウェア・アップデートを起動することで最新版へのアップデートが可能です。アップデート適用前後にはアクセス権の修復を行っておいたほうが良いでしょう。

AdSense

Ads

Blog Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。