スポンサーサイト

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウェアラブル市場に参入、Apple_Watchを発表

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する

Apple 流のウェアラブル、発売は来年初旬を予定

cap_20140910_145827.jpg

日本時間の9月10日未明、Apple は "Apple Watch" を発表しました。

Tim Cook CEO 曰く……

Apple、Apple Watchを発表—Appleのこれまでで 最もパーソナルなデバイス

“Appleはこれまでに、Mac、iPod、iPhoneそしてiPadといった、カテゴリを定義するいくつもの製品を世界に提供してきました。そして今、Appleは再び、人々の毎日を豊かにすることができる革新的な製品で世界を魅了しようとしています。これは私たちがこれまでに作った中で最もパーソナルな製品です”

……ということで、Apple にとっては初代 iPad 以来となる新しい分野の製品となります。

概要

Apple が手がけている製品ですから当然のことながら巷で見られるウェアラブルデバイスとは違うところが散見されます。特に代表的なものを挙げるとするなら……

  • 感圧式のタッチスクリーンを装備
  • 竜頭様のコントローラ "デジタルクラウン" を装備
  • Apple 独自の新しい決済システム "Apple Pay" に対応

……といったところでしょうか。

私もまだ全然理解しきれていないので、詳細はゆっくりと Apple Watch の製品ページあるいはプレスリリースをお読み頂いた方が宜しいかと。

英語ですが公私式の動画も以下に張っておきます。

雑感

私のような凡人には、現時点ではこの Apple Watch が成功する製品になるとは思えません。初速こそそれなりの勢いを見せると思いますが、その勢いが何ヶ月も続くかどうか……。

確かに Apple らしさは注入されていると思いますが、極端なはなし、その気さえ出せば他のメーカーでも作って作れないものではないと感じています。

iPod 発売以降、iTunes Music Store (当時) という強力なパートナーが登場することで iPod は爆発的な普及をみせ、やがて iPhone の成功にも繋がったと言えるでしょう。

そう考えると、Apple Watch も同じような作戦が控えていないとこの手のデバイスのリーダー的存在に君臨するのは難しそうな気がします。

果たして Apple にはそのような、凡人には到底思いつくことも出来ないような計画が既にあるのでしょうか。

あるからこそ基調講演でのあの誇らしげな Tim Cook CEO の姿があったのかもしれませんが、もし万が一にも『医療・健康分野との連携』とか『徐々に薄く、小型化を実現』といった素人でも想像出来そうなレベルにとどまるビジョンしか持っていないとしたら……。

「Apple Watch とは何だったの ?(゜_。)?(。_゜)?」

……と嘲笑されてしまう日がそう遠くない時期に訪れてしまう、かもしれませんね。

単なる『高くて高機能な腕時計的なもの』で終わってしまわないためにも、壮大な計画がこの先に控えていることを切に願います r(^^;)

AdSense

Ads

Blog Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。