スポンサーサイト

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロキシアイコンを使ってフォルダをゴミ箱へ

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する

あまり役に立たないかも……でも操作は少しだけ軽減されるよ

cap_20140904_164453.jpg

あんまり使う機会はないかもしれないけど、ウインドウのタイトル部分に表示されているプロキシアイコンをゴミ箱へズルズル〜ぽいっとドロップしてもフォルダを削除できます。

プロキシアイコンも役に立つのです (;゚∀゚)

cap_20140904_164959.jpg

この場合は "Old Mac OS Sounds" フォルダがゴミ箱に入る

ファイルの整理などをしていると幾つものフォルダウインドウが開いていたりして、その中からウインドウで開いているフォルダを捨てたい時があったりします。

このとき、そのフォルダが下図のように選択状態になっていればそのままゴミ箱へドロップしたり、或は command + delete でゴミ箱送りできるので良いのですが、そうでない場合はフォルダ本体を探したり選択し直すという操作を余儀なくされます。

cap_20140904_165520.jpg

そんな時こそこの tips の出番なので、機会があったら試してみて下さい。

プロキシアイコンという小さな的をグラブしなければならないので、そこが面倒といえば面倒でもありますが r(^^;)

AdSense

Ads

Blog Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。