スポンサーサイト

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無駄足注意!あなたのiPhone_5交換してくれないかも

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する

シリアルナンバーが該当したら無条件交換……とはいかないらしい

iPhone 5 に搭載されているバッテリーの一部に問題があったとして、日本では 2014年8月29日から受付を始めた iPhone 5 バッテリー交換プログラムですが、どうやらシリアルナンバーが該当しているからといって必ずしも全機交換の対象になるとは限らないようです。

交換してもらえるのは『問題あり』の iPhone 5 のみ

iPhone 5 バッテリー交換プログラムの適用対象となるのは原則として以下の条件を同時に満たしている場合のみだそうです。

  1. Apple が示すシリアルナンバーに該当している
  2. iOS 診断において「問題あり」の診断結果が出る

従って、シリアルナンバーが該当していても iOS 診断の結果「問題無し」とレポートされてしまった場合は本プログラム適用対象外となってしまいます。

この iOS 診断は自宅でも実行できるので、現地で「診断結果、交換の対象外です」と言われて凹むことを避けるためにも、シリアルナンバーの紹介と併せてあらかじめ確認しておく事をお勧めします。

iOS 診断の手順は簡単

診断を実行するにあたり必要なものはネットに繋がっている iPhone 5 と Mac (または Windows) と iPhone 5 で受信設定してあるメールアドレスです。

用意が整ったら以下のページに纏められている手順を参考に診断を実行するだけ。ちなみに簡易テストと詳細テストどちらかを受けられるようになっていますが、詳細テストは Wi-Fi 接続されている場合にのみ利用可能という事らしいので注意して下さい。

【参考】iOSデバイスの不具合を自分で診断する @ Apple サポートコミュニティ内、まとめ記事

AdSense

Ads

Blog Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。