スポンサーサイト

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iTunes_11.2.1

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する

Users フォルダが表示されなくなる問題の原因を修正

iTunes 165

5月16日、Apple は "iTunes 11.2.1" をリリースしました。

このアップデータは先日リリースされた iTunes 11.2.0 のバグフィクス版です。OS X 10.9.3 を適用(正しくは iTunes 11.2.0 を適用)したあとに、OS X のユーザフォルダが非表示となってしまう場合があった不具合が解消されています。

cap_20140517_124455.jpg

なお、非表示となってしまっているユーザフォルダは本アップデートを適用しても元に戻りません(*1 追記参照)ので『「OS X 10.9.3」、アップデート後にユーザーディレクトリが表示されなくなった際の対処法(via 気になる、記になる…)』などを参考に各自で対応して下さい。

App Store アプリを起動、またはデスクトップ左上のアップルメニューから「ソフトウェア・アップデート...」を選択することでアップデータの確認と適用が行えます。アップデート実行後はアクセス権の修復を行うことをお勧めします。

[追記]iTunes 11.2.1 をインストールするだけで不可視になっているユーザフォルダが可視状態に戻るようです([iTunes]Apple、いくつかの不具合を修正するiTunes11.2.1を公開! より):もし 11.2.1 を入れてもなお不可視のままでしたら前述のリンク先を参考に対処して下さい。

AdSense

Ads

Blog Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。