スポンサーサイト

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SWIFTコードが無い楽天銀行でもPHGからの報酬受け取りが可能

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する

いつのまにか仕様が変わり、日本の場合は SWIFT コードが不要になった

iTunes Store や Apple Online Store のアフィリエイトを司っている PHG は当初、報酬を受け取る窓口の設定に SWIFT コードを入力する必須欄を設けていたため、SWIFT コードを持たない一部の金融機関を受け取り先として設定することが出来ませんでした。

ところが最近確認してみたところ、現在は SWIFT コードを持たない金融機関でも受け取り先として設定できる仕様に変更されており、試しに楽天銀行を設定してみたところちゃんと入金されていました。

cap_20140312_180155.jpg

パフォーマンスオブホライズングループ(カ → Performance of Horizons Group

当初は SWIFT 必須だったので金融機関を設定せずに置いておいたのですが、同じ理由で金融機関の設定を保留されていた方はこの機会に設定されると良いでしょう。

設定方法

金融機関の設定方法

  1. PHG の管理画面にログインし、設定>支払い方法 のページを開く
  2. "支払い通貨" のプルダウンを[日本円]に設定
  3. "銀行所在国" のプルダウンを[日本]に設定
    → 暫く待つと日本向けの入力欄構成に表示が変わります
  4. "銀行番号" の欄には銀行番号を入れます
    → 銀行番号は 金融機関コード・銀行コード検索 のサイトで調べられます
  5. "口座タイプ"、"口座番号" を入力し、"アカウント名" には口座名義人(全角カタカナ)を入力
  6. オプションの項目にある "銀行名" と "支店名" も入力しておきます:XX銀行、XX中央支店 など

自動請求/支払い

この項では自動請求をするかしないか、するなら何日〆か、幾ら以上で自動支払いを発動するかをそれぞれ設定します。

例えば自動支払いにチェックを入れて、支払日を 25、最低お支払い金額を 5000 に設定した場合、25日を迎えた段階でログイン中のアカウント (ID) での報酬総額が 5,000 円を超えていれば支払いの処理が行われ、2〜3営業日を経て指定口座に振り込まれる……という流れになります。私の場合は 10 日に設定してあったので冒頭の画像にある通り、2 日後の本日 12 日に振り込まれました。

たすかった (; ^ω^)

AdSense などの受け取りは楽天銀行に集約していたので PHG でこれを設定できなくなり困っていたのですが、これで今まで通りの運用をすることが出来るようになり助かりました。

AdSense

Ads

Blog Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。