スポンサーサイト

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OS_X:カレンダーに隠れている『日週月年』以外の表示方法

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する

古い Tips らしいけど未だに使えるちょっと便利な表示切り替え

OS X 標準のカレンダー.app で optioncommand を押しながら 26 を押すと、2〜6 日単位でのカレンダー表示にすることが出来ます。

cap_20140215_105641.jpg

option + command + 6 を叩いた例

元の一日表示に戻す場合は command1 を叩いて下さい。

また、表示日数を切り替えたいときは一旦 command1 で一日表示に戻してから、改めて option + command + 26 を叩いて下さい。

まとめ

知りませんでしたが、旧 iCal から備わっていた表示方法らしいです r(^^;)

上図のようなタイムテーブル型の表示が好みでありながら、Mac の画面が小さいので一週間表示では細々として見難い……といった方には案外助かる表示のさせ方ではないでしょうか。

ちなみに表示の切り替えはアプリケーションを終了しても保持されます。

Blotter (ver. 2.2.2) iTunes

仕事効率化|8.64 MB|1000 円(記事作成時)

AdSense

Ads

Blog Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。