スポンサーサイト

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iOS:もしかして律儀に[>スライドでロック解除]を使ってる?

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する

iOS 6 以前の習慣で……

iOS 7 からロック解除の画面もそれ以前のデザインと大きく変わりましたが、ロックはどうやって解除していますか? たぶん iOS 6 以前から使っている人の多くは習慣で……

cap_20131223_101608.jpg

この部分をスライド、でしょ……違う?

前はこの部分が "ここを操作しなさい" という明示的なデザインが施されていましたからね。その流れで来れば特に疑うことなく iOS 7 でもここをスライド操作したくなるのが人情ってもんです (・_・。)(._.。)(・_・。)(._.。)

でもそれは過去の話(笑)

ところが iOS 7 からはちょっと違って、ロック画面のどこをスライドしても OK なんですね(例外領域あり)

cap_20131223_102408.jpg

上辺ステータスバーと右下のカメラアイコン周辺を除くほぼ全域

片手でロック解除をする場合、従来通り画面下のスライダを操作しようとするとどうしても親指を少し手前に引かなければなりませんが、iOS 7 では自然に親指を下ろしたところでスライドできちゃうので前よりも楽にロック解除できるように感じます。

ちなみにロックコード入力画面を左へスワイプするとロック画面に戻れます。

AdSense

Ads

Blog Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。