スポンサーサイト

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Safari:ちょっと便利な翻訳機能拡張「Translate」

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する

翻訳ボタンをポチっとするだけで MS Translator 翻訳による訳文を表示

Safari 用の翻訳機能拡張、その名もそのまんまな「Translate」があったので入れてみました。

cap_20131126_172627.jpg

インストール完了後の設定画面

基本的にデフォルト設定のままで OK ですが、唯一翻訳の設定が "自動検出→英語" というスタイルになっているので、日本語への翻訳が初期設定になるよう上図赤矢印で示したプルダウンを "Japanese" に変更しておきます。

ボタンクリック以外にやること無し

設定が済めばやることは必要な時に "ボタンをクリックする" だけです。

例えばこのページを訳してもらいたいのなら……

cap_20131126_173331.jpg

ツールバーの Translate ボタンをクリック……

cap_20131126_173645.jpg

ボタンデザインは "Logo 4" を使用

ページの構造や文章の量にもよるが数秒程度で訳文が表示されます。

cap_20131126_174025.jpg

赤枠部分で原文・訳文の表示方法を選択できる

上図では原文と翻訳結果が左右に並ぶ表示モードを使用しています。スクロールは片方を動かせばもう一方も自動的に連動するようになっており、原文と訳文の比較もマウスポインタを乗せたところが一緒にハイライトされるようになっています。

見やすさではこのタイル表示が良いと思いますが、表示領域が狭い画面などでは原文がツールチップ式に表示されるモードが使い易いかもしれません。

Translate は Apple (US) の Safari Extensions Gallery から無料でダウンロード(インストール)できます。Most Popular のページに載っていると思いますが、見当たらない場合は "More 三" から "Translation" ジャンルを選んでください。

AdSense

Ads

Blog Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。