スポンサーサイト

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPhoto、iTunesのスマートアルバムから項目を削除する方法

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する

スマートアルバムから直接削除したいときの隠しコマンド

OS X 用の iPhoto や iTunes のスマートアルバムに拾い上げられている項目って、一見すると削除できないように見えます。

cap_20131010_104642.jpg

ちょっと分かり難いが "ゴミ箱" がグレーアウトしていて選べない

ところが、隠しコマンドの常連である (option) を押しながらメニューを表示(option + 右クリック、または option を押しながらサムネール右下の▼をクリック)すると……

cap_20131010_105427.jpg

グレーアウトしていない普通のゴミ箱が表示される

上図ではちょっと分かり難いかもしれませんが、グレーアウト(薄暗い表示)になっていたゴミ箱が普通に表示されるようになり、もちろんゴミ箱を選択できる(削除できる)ように変わります。

項目の変化の仕方は違いますが、これは iTunes のスマートアルバムでも同じです。

cap_20131010_110746.jpg

コンテキストメニュー内に "削除" の項目が現れる

スマートアルバムの項目上で右クリックして表示されるコンテキストメニューには通常 "削除" の項目はありませんが、前述したように option キーを押しながらコンテキストメニューを表示させた場合は上図のように "削除" の項目が現れてスマートアルバム上からでも削除できるようになります。

まとめ

普通のアルバムではファイルそのものが集積されていますが、スマートアルバムは言い換えれば単なる検索結果に過ぎませんので、直接ファイルそのものが集積されているものとは異なります。

素直な操作でスマートアルバムからファイルを削除できないようになっているのは、恐らくこの機能の違いを踏まえた上で "誤消去" を防ぐための親切設計なのだと思います。

とはいえ、OS X Finder のスマートフォルダでは普通のフォルダと同じ操作で削除できちゃうんですよね……なんか仕様が微妙にちぐはぐな気も…… σ(^_^;)

引用もと:Apple Support Community

AdSense

Ads

Blog Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。