スポンサーサイト

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OS_Xはシリアルナンバーを読み上げる機能を標準装備

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する

常用的な使い途は皆無だけど知っておくと書き取るのは楽だね

OS X には Mac 本体のシリアルナンバーを読み上げてくれる機能が『標準』で備わっていたんですね、知らなかったわ〜 Σ(゚Д゚;)

cap_20131007_103503.jpg

システム情報.app のファイルメニュー内に最初から項目が用意されている

普段はまず使うことの無い機能だと思いますが、視力の関係で細かい文字が見難いとか、画面をチラチラ見ながら長い桁を書き写すのが苦手といった方には便利かもしれません。

元記事:OS X Diary

確認するだけなら "この Mac について"

シリアルナンバーの確認のみで読み上げの必要がない場合は画面左上のアップルメニューから "この Mac について" を選べば OK です。

cap_20131007_105212.jpg

OS X の下に表示されているグレーの文字の部分を2回クリックする

ここから読み上げ機能を使いたくなった場合は[詳しい情報...]ボタンをクリックして表示されたウインドウでシリアルナンバーの部分をドラッグで選択し、右クリックで表示されるコンテキストメニューの "スピーチ" から "読み上げを開始" を選びます。

cap_20131007_105850.jpg

シリアルナンバーをダブルクリックした方が簡単に選択できるよ♪

このウインドウが表示された段階で前述の "システム情報.app" が起動しているのですが、上図の "この Mac について" ウインドウが表示されている状態ではファイルメニューにある "シリアル番号を読み上げる" はグレーアウトしていて選択できません。

同機能による読み上げを実行したい場合はさらに[システムレポート...]と書かれているボタンをクリックして表示を切り替えてからファイルメニューを開いて下さい。

なお、システム環境設定>音声入力と読み上げ の設定によって違いはありますが、標準ままの状態であればコンテキストメニューからの読み上げよりも、ファイルメニューからの方がゆっくり読み上げてくれるので書き写す場合は後者の方が勝手が良いと思います。

OS X Mountain Lion (ver. 10.8.5) 
ジャンル:仕事効率化
サイズ :4450.99 MB
価 格 :1700 円 (記事公開時)
AdSense

Ads

Blog Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。