スポンサーサイト

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OS_X:圧縮・解凍機能の設定方法、知ってましたか?

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する

古くから変わっていないんだけど知ってる人は結構少ないと思われ

(Mac) OS X に標準で備わっている圧縮・解凍機能はある程度の設定変更が可能です。以下がその設定画面。

cap_20130922_110608.jpg

圧縮解凍時の元ファイルの扱いなどを変更できる

一般の方がアーカイブフォーマットを意識することはまず無いと思いますが、圧縮や解凍をした時に元のファイルが残る/残らないが気になる方は少なくないと思います。

そういう時はぜひこの設定画面を開いて設定の変更を行って下さい。例えばこんな具合。

cap_20130922_111032.jpg

展開後の挙動を設定変更

こうしておけば、圧縮または解凍時にいちいち元のファイルをゴミ箱に入れたりする手間が省けるので便利です。(いずれ消すけど)ゴミ箱に残す必要がなければ「〜を削除」に設定すると処理後にもとファイルが抹殺されます。

個人的にはダイレクトに削除されてしまうよりも、保険的な意味合いでゴミ箱にアーカイブ(or アーカイブ前の元ファイル)が残っていてくれた方が安心なので上記設定にしています。

設定は以下のディレクトリを辿って "アーカイブユーティリティ.app" を起動後、他のアプリと同様に環境設定を開けば OK です(上記画面が出ます)。

Macintosh HD/システム/ライブラリ/CoreServices/アーカイブユーティリティ

【参考】システム環境設定に「アーカイブ」を追加する@リンゴが好きでぃす♪ (2010/04/23)

AdSense

Ads

Blog Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。