スポンサーサイト

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OS_X_Server_2.2.2

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する

不具合の修正や利便性の向上などを施したアップデート

osxserver_165.png

9月17日、Apple は "OS X Server v2.2.2" をリリースしました。

このアップデートによる主な変更点は以下の通り。

  • キャッシュサーバによって、 Apple の Mac App Store から配布されるソフトウェアのダウンロード速度が向上
  • Time Machine サービスが、バックアップ対象コンピュータ、最後のバックアップ日時、およびバックアップサイズを監視
  • Wiki サーバが MacBook Pro Retina ディスプレイをサポート
  • プロファイルマネージャにアップロードされたアプリケーションの削除に関する修正
  • プロファイルマネージャ内で Active Directory グループを使用
  • 証明書を一元管理するためのインターフェイス
  • iPad mini からのプロファイルマネージャ管理を修正
  • Server でボンドネットワークインターフェイスまたは仮想ネットワークインターフェイスの使用をサポート
  • SSL エラーが原因で設定できない問題を修正
  • Lion Server からのアップグレードの問題を修正

アップデートはデスクトップ左上のアップルメニューから「ソフトウェア・アップデート...」を選択するか、サポートページからアップデータをダウンロードして適用してください。OS X Server を運用していない方はアップデートの必要はありません(できません)

アップデート実行後はアクセス権の修復を行うことをお勧めします。

OS X Server (ver. 2.2.2) 
ジャンル:ユーティリティ
サイズ :160.52 MB
価 格 :1700 円 (記事公開時)
AdSense

Ads

Blog Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。