スポンサーサイト

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OS_X:Finderは「すべてのデスクトップ」に割り当てよう

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する

デスクトップを渡り歩いて Finder ウインドウを扱うなら必須の設定

Dock の Finder アイコンを右クリックして表示されるメニュー(下図)から割り当て先を "すべてのデスクトップ" にしてみましょう。

cap_20130905_145835.jpg

Finder ウインドウが常に追随してくる事に好き嫌いはあるかも知れませんが σ(^_^;)

このように設定すると Mission Control で選択した画面に関係なくすべてのデスクトップで Finder ウインドウが表示されたままになるので、デスクトップを切り替えるたびにいちいち Finder ウインドウの開閉をせずに済みます。

Mac OS X 10.6 Snow Leopard 以下の Spaces の場合は 6 年前(笑)のエントリーを参考に設定して下さい。

AdSense

Ads

Blog Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。