スポンサーサイト

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mac:スタックアイコンに背景色を付けて視認性を高める

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する

ターミナルコマンド不要、クリック操作を少し変えるだけ

Dock に登録してあるフォルダを開く時にクリックではなくホールド(クリックボタンを押しっぱなし)にするだけでスタックに表示されているアイコンに背景色を付ける事が出来ます。

cap_20130806_112246.jpg

OS X 10.8 未満は未確認

黒っぽい背景なのでマウスポインタを見失いがちですが、これだとマウスポインタが重なったアイコンに背景が塗られるのでマウスポインタを見失う事はありません。

グリッド表示ではなく下図の "ファン" 表示でも同じ操作で背景色が付きますが、この場合は色が異なります。

cap_20130806_112217.jpg

"ファン" の場合は選択色が異なる

いずれの場合もホールドを解除すると背景色が塗られていたファイル/フォルダが開きます。もし操作の途中で選択を解除する場合は[esc]キーを押せば OK です。

なお "リスト表示" についてはもともと選択部分に選択色が表示される仕様になっているので、上記と同じ操作をしても何も変化は起きません。

同機能はターミナル.app にてコマンドを入力する事でも使用可能ですが、ここで記したやり方の方が(ホールドは多少面倒かもしれませんが)手軽で試しやすいと思います。

AdSense

Ads

Blog Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。