スポンサーサイト

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Apple、Logic_Pro_Xをリリース

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する

Logic Pro のメジャーアップデート版がついに登場、MainStage 3 も

日本時間の7月16日、Apple は Logic Pro 9 のメジャーアップデート版となる "Logic Pro X" をリリースしました。LPX では UI が一新されているほか、数々の新機能が導入されています(後述)

価格は 17,000 円で Mac App Store でのダウンロード販売となります。パッケージ版、ならびに Logic ユーザを対象としたアップグレード版などの設定はありません。

Apple の Logic Pro X を紹介するページで取り上げられている代表的新機能は以下の通り。

  • Drummer:ソフト内に仮想のドラム奏者を雇った……と思えば良いかと思います
  • Arpeggiator:上昇、下降、ランダムなどのアルペジオ(分散和音)を生成
  • Flex Pitch:いわゆる Pitch Shifter に属するピッチ補正系の機能

このうち個人的に気になったのは Arpeggiator と Flex Pitch。

Arpeggiator はこれまでの Logic とは比べ物にならないくらい使い勝手が良さそうですし、Flex Pitch のピッチ補正は(デモを聞く限りは)全くと言っていいほど不自然さを感じないので、よほどの音痴ソースでなければかなり使える機能だと思います。

Drummer も使えそうですが、いざ本格的に作ろうとした場合に果たして思い描いているフィーリングを再現してくれるかどうか……。現時点ではそこまで期待するのは酷かな、という印象を受けています。もちろん使ってみないと判りませんけどね σ(^_^;)

Logic Pro X (ver. 10.0.0)  iTunes
ジャンル:ミュージック
サイズ :649.96 MB
価 格 :17000 円 (記事公開時)
MainStage 3 (ver. 3.0.0)  iTunes
ジャンル:ミュージック
サイズ :523.76 MB
価 格 :2600 円 (記事公開時)
AdSense

Ads

Blog Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。