スポンサーサイト

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Feedlyからワンクリックで元記事を表示させる方法

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する

Feedly で展開させることなく一度の操作で元記事を新規タブで表示

Feedly を眺めていて気になるタイトルがあったら……

cap_20130713_000218.jpg

例えば……(赤枠)

これをクリックすると……

cap_20130713_000509.jpg

こうなる

で、更にタイトルをクリックすることでやっと元記事が開きます。ここまでのプロセスは『クリック x 2』。RSS 全てが全文配信されているわけじゃないし、記事によっては元記事の体裁で読みたいことも結構ありますが、その都度『クリック x 2』を強いられるのは結構苦痛です。

そんな時はキーボードの装飾キーを併用してクリックすることを覚えると便利です。これだと(コンビネーション操作にはなるものの)クリックは一度だけで済みます。

新規タブで表示させる(背面)

Feedly に表示されている記事タイトルを (command) を押しながらクリックすることで、元記事が新規タブで、且つ背面(インアクティブタブ)でロードされます。

cap_20130713_001348.jpg

クリックした記事が新規タブ(背面)で読み込まれる

この操作では常に Feedly の画面が最前面にあるので、気になるページをとりあえず次々と新規タブで表示させて行き、あとからこれらを消化する……といった使い方に向いています。

新規タブで表示させる(前面)

(shift) を押しながらタイトルをクリックすると、元記事は新規タブで、且つ前面(アクティブタブ)に切り替わってロードされます。

cap_20130713_001919.jpg

クリックした記事が新規タブ(前面)で読み込まれる

こちらは常にクリック先が前面で表示されるので、ひとつずつ元記事を読みたい場合に向いています。Feedly と元記事の往来が多くなるので若干手間がかかるかもしれません。

新規ウインドウで表示させる

Safari 以外(Google Chrome と Firefox で確認)は のみを押しながらクリックすると、元記事は新規ウインドウで読み込まれます。この時、新規ウインドウは前面に表示されます。

Safari の場合は (option) を押しながらクリックで新規ウインドウ(背面)、 を押しながらクリックで新規ウインドウ(前面)でのロードになります。

さいごに

新規タブで開く操作は(たぶん大丈夫だと思いますが)もしかすると上記コンビネーションが逆の方も居るかもしれません。

また、Safari では設定によってタブやウインドウを開く動作が異なる場合があります。もしここに書いてある挙動と違う場合は Safari の "環境設定>タブ" を開き、そこに記されている操作法を参照して下さい。

cap_20130713_003335.jpg

なお機能拡張などによりウインドウやタブの挙動に対して何らかのカスタマイズを施している場合は挙動が異なるかもしれません。こちらについては各自でご確認下さい。

ちなみに今回紹介した操作方法は別に Feedly に限ったものではありません。リンク先をどのように開くか……を指定する基本操作に過ぎませんので、覚えてしまえば普段のウェブ閲覧でもかなり使えるので習得されることをお勧めします♪

[おまけ]Feedly で RSS を消化するなら(Digg Reader など他の RSS リーダにも言えますが)キーボードショートカットを覚えた方がより効率よくスピーディに消化できます。Google Reader 風なら『J、K、V』の 3 つを覚えるだけでも大分違うと思います(今回は割愛)。

AdSense

Ads

Blog Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。