スポンサーサイト

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OS_X:超便利!簡単に単語や段落を選択する方法

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する

日本語上ではやや難ありも、総合的にはかなり便利な選択方法

ドラッグで必要な範囲を選択するのがたぶん最もポピュラーで最も使われる方法でしょう。

大半はこれで十分なのですが、ついでに覚えておくと便利な選択方法があります。

ダブルクリックで選択

テキスト上でダブルクリックすると単語単位で選択できます。

英文の場合は半角スペースではっきりと単語が分かれているので狙い通りに選択できますが、日本語の場合はそのようなわかりやすい区別がないので英文に比べるとかなり精度は落ちます。

精度が悪いので使い難そうに思われるでしょう。実際使い難いですが、覚えてしまうと思っている以上にダブルクリックしてることに気づくかも σ(^_^;)

トリプルクリックで選択

テキスト上でトリプルクリックすると段落単位で選択できます。

慣れないと "3 回クリックする" という操作が何となく気持ち悪いですが(笑)重宝する場面は結構多いと思うので覚えておくと良いですよ。

shift + クリック

一度選択範囲を決めてから範囲の延長(拡大)や縮小をすることも出来ます。

例えば上図では『革新的』が選択されていますが『的』が余分であれば、shift を押しながら『的』の前をクリックすると『的』が選択範囲から外れて『革新』だけが選択されます。

同様にダブルクリックで『革新』しか選ばれていないが本当は『革新的な』までを選択したかったのであれば、『革新』が選択された状態で『な』の後ろをクリックすれば『革新的な』が選択されます。


以上を組み合わせて臨機応変に使うと単なるドラッグよりもテキストの選択効率はかなり上がると思いますので是非お試し下さい。

AdSense

Ads

Blog Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。