スポンサーサイト

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iOS:変換候補にユーザ辞書に登録したものが出てこない

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する

ユーザ辞書には間違いなくあるのに変換候補に出てこない場合@iOS 6

(注)自身では未確認ですが頂いている報告によると iOS 7 でも概ね通用するようですが、直らないこともあるようです

ここ数ヶ月、ユーザ辞書に登録してある単語が変換候補に出てこない現象に悩まされていました。

cap_20130410_164348.jpg

ユーザ辞書にはあるのに、twitter アプリなどで変換しても出てこない

iCloud との同期し直しや書類とデータの同期 ON/OFF で直るという情報があったので試してみたものの改善せず、最終的には以下の方法で解決したので備忘録をかねて残しておきます。

手順は簡単、所要時間は約一分

キーボードの設定項目をごにょごにょして再起動後、ごにょごにょを元に戻す……これだけです。

cap_20130410_163752.jpg

この設定をいじるので変更前の状態は覚えておきませう

  1. 設定>一般>キーボード で全項目をオンにする(上図)
  2. iOS 端末を再起動 (link: Apple Support Documents) する
  3. 適当なアプリを開いて変換候補にユーザ辞書に登録されているものが出てくるか確認
  4. 問題なければ、設定>一般>キーボード で設定を元に戻す

お陰で、ほらこの通り♪

cap_20130410_164628.jpg

恐らくこれで大半の方はユーザ辞書が復旧すると思いますが、これでもダメならもう少し Google 先生に頼ってみて下さい。それでもなお復旧できない場合は最終的には端末をバックアップから復元するか、或はバックアップを使わずにきれいにセットアップし直すしか無いかも知れません。

via "iOS6.1でユーザ辞書に登録した単語が変換候補に出てこなくなった場合の対処法" @ゆったりぶろぐ

2013/10/04 追記

iOS 端末の再起動には "worm restart" と "cold restart" の二通りがあります (Apple がこの表現を使っているかは未確認)。前者はホームボタンとスリープボタンの両方を押し続ける再起動、後者は一度電源を切って数秒置いてから電源を入れ直す再起動です。

iOS 7 のユーザ辞書が空になる問題においてはこの cold restart をするだけで解決する場合もあるようなので、もしこのエントリーで紹介している方法でも直らない場合は試してみて下さい。ただし、当方は依然として iOS 6 のため確認は出来ていません m(_ _)m
コールドリスタート:スリープボタンを長押し> "電源を切る" スライダを操作>(15秒ほど待つ)>スリープボタンを長押し(電源ON)

AdSense

Ads

Blog Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。