スポンサーサイト

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OS_X:Automatorを使って簡易コンタクトシートを作る

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する

簡易的なものなら Automator アクションがそれなりに使える

複数の画像一覧を簡単に作成する為の Automator アクションです。

cap_20130407_105254.jpg

作り方は至って簡単。

OS X 標準アプリの Automator.app を起動したら "サービス" の新規アクションの作成に入り、"PDF" から "新規 PDF コンタクトシート" のアクションを右の空欄にドロップするだけ。

あとは右側上部のプルダウンを上図のように設定し、その下のアクション詳細を任意に設定します。例えば上図ではコンタクトシートを『A4 サイズに 横 4 枚 を配置した PDF が作成され、デスクトップ上に "新規コンタクトシート" というファイル名』で作成するようにしています。

最後にアクションを保存します。自分で分かりやすい適当な名前をつけて保存して下さい(ここでは "コンタクトシート作成" という名前で保存しています)。
→ 作成したサービスは Macintosh HD/ユーザ/(username)/ライブラリ/Services/ 内に保存されます

コンタクトシートを作る場合は Finder ウインドウ上で対象となる画像ファイルを複数選択後、右クリックで表示されるコンテキストメニューのサービス項目内から保存したアクション(ここの例では "コンタクトシート作成")を選ぶだけです。

cap_20130407_110432.jpg

ファイル名も併記されると御の字なのですが、間に合わせ的な使い方で良ければこれでも結構使い出があるんじゃないでしょうか。

via OS X Diary

AdSense

Ads

Blog Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。