スポンサーサイト

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OS_X:メール内のリンクをデフォルト以外のウェブブラウザで開く

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する

Mail.app で表示されているリンクを特定のブラウザで開かせる

私は Google Chrome をデフォルト Web ブラウザに設定してあります。

cap_20130330_114058.jpg
Safari.app の環境設定内

当然、Mail.app で受信したメール本文に記載されている URI をクリックすると Google Chrome で表示されるわけですが、私の場合どうしても Sleipnir.app で開きたい定期メールが 1 通だけあります。

これまでは文面の URI を Dock に登録した Sleipnir.app アイコンにドロップして対応していましたが、何となく面倒くさく感じるようになってしまったので(苦笑)右クリックのサービスメニューから Sleipnir.app で開けるようにしてみました。

使ったのは Automator.app で Apple Script を併用しています。

Automator.app で新規サービスメニューを作るようにしたら、以下のようにセッティング。

cap_20130330_115055.jpg

Apple Script の部分は……

tell application "/Applications/Sleipnir.app"
 activate
 open location (the clipboard)
end tell

この通り書いたら適当なアクション名を付けて保存します。
保存先はデフォルトのまま:Macintosh HD/ユーザ/(username)/ライブラリ/Services/

これにより文中の URI 上で右クリックするとサービス項目内に設定したアクションが現れるようになります。

cap_20130330_121442.jpg

なお、上図の "AppleCare 製品" などのようにリンクテキストとして表示されているところや、HTML メールなどで画像リンクになっているような箇所ではこの項目は現れません。必要であれば上記セッティングの冒頭にあるメニュー項目を変えて下さい。

上記 Apple Script の 1 行目にある "Sleipnir.app" が使いたい Web ブラウザを指定している部分なので、Firefox にしたい場合は "Firefox.app"、Opera なら "Opera.app" といった具合に適宜置き換えて下さい。必要なら各ブラウザ用にアクションを作っておくと便利かも知れません。

全部 Apple Script で書いちゃう方がスマートなのでしょうけど、如何せんプログラムに関してはずぶの素人なので不細工なプログラムについては大目に見て下さい σ(^_^;)

AdSense

Ads

Blog Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。