スポンサーサイト

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バグか仕様か……OS_X_10.8.3でHFSのファイルが扱えない

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する

HFS フォーマットの CD-R などでファイルが表示されない等の不具合

OS X Mountain Lion 10.8.3 にアップデートすると HFS (Mac 標準) フォーマットで作成されている CD-R などに入っているファイルが表示されないとか、表示されていてもエラーが出て使えない(開けない、複製できないなど)問題が生じているようなので確認してみました。

まずはソースネクスト社が販売していた『驚速ADSL for Mac』(2005年) を入れてみたところ……

cap_20130319_172913.jpg

使用不可能であることを示す進入禁止のアイコンが表示されていることを除けば特に問題はなさそう。data フォルダの中身も見られましたし、テキストファイルもテキストエディットでちゃんと開けました。

次に DynaComware が販売していた『ダイナフォントコレクション 2004 - TureType Font for Macintosh』(2004年) を入れてみる。

cap_20130319_173539.jpg

一見すると問題なさそうですが、アイコンが表示できていないファイルが二つあるのが確認できます。

また、PDF ファイルは開けましたが標準テキストで書かれているはずの "お読み下さい" はテキストエディットで開くことが出来ませんでした。

さらに、フォントファイルを拾えるかどうかを確認する為に FONTS フォルダを開いて適当なフォントをデスクトップにドロップしようとしたら……叱られました Σ( ̄□ ̄; )

cap_20130319_174002.jpg

さらにさらに、なぜか exec アイコンになっているインストーラファイルをクリックすると忽然とその姿が消え、先の画面で叱られたあと別のフォルダを開いてからもう一度 FONTS フォルダを開いたら 28 個中 27 個のフォントファイルが一斉に神隠しに ((((; ゚Д゚)))

cap_20130319_174235.jpg

このように、現象にバラツキはあるものの HFS フォーマット上のファイルで何らかの不具合が起きることは間違いなさそうです(HFS でフォーマットされている全てで起きるかは不明)。

もし HFS でフォーマットされているものを多数所有していて、まだ 10.8.3 にアップデートされていない方が居られましたら、いまのうちに HFS+ フォーマットのものにファイルを複製しておくなどの準備をしておいた方が良いかもしれません。

単なるバグであれば次回以降のアップデートで修正されるかもしれませんが、もしこれが仕様変更だとすると 10.8.3 にしてからの HFS フォーマットの扱いには難儀しそうです。

via Apple Support Community

AdSense

Ads

Blog Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。