スポンサーサイト

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OS_X:保存先をフォルダドロップで指定する

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する

状況によっては最速で保存先を指定(選択)できる

ファイル保存ダイアログにフォルダをドロップすると、そこが保存先として選択されます。

つまり……

cap_20130319_105938.jpg

例えば『書類フォルダ内の My Documents フォルダに保存したい』なら、Finder ウインドウの My Documents フォルダ、または My Documents フォルダのプロキシアイコン(タイトルバー部分のアイコン)を保存ダイアログ内に (・_・ ) ポイッ ⌒。 とドロップしてやります(赤矢印)。
→ ダイアログ上であれば何処にドロップしても良い

するとこのように……

cap_20130319_110016.jpg

保存先(青矢印)フォルダが "ミュージック" から "My Documents" に一瞬で変わります。

階層を追って保存先を選択するよりも遥かにラク……ではあるものの、そもそも保存先フォルダ(あるいは付近の階層)の Finder ウインドウが開いているのが前提になるので、条件が整うのはかなり限られた状況かも知れません。

とはいえ条件が整っていれば間違いなく "最速" です(笑)

特に目新しい tips ではありませんが地味に役立つので忘れない程度に覚えておいてみては?

ちなみに余談ですが、デスクトップに保存する機会が多いなら command + D を覚えておいた方が絶対に良いです。保存ダイアログでこのコマンドを叩けば一発でデスクトップが選択されます。
→ Desktop の D と覚えれば簡単ですね♪

あ、保存先ダイアログが出たら shift + command + G で保存先ディレクトリを直接打ち込む、という方法も。熟練した方だとこの方がもっと早いかもしれないですね。

AdSense

Ads

Blog Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。