スポンサーサイト

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OS_Xに備わっているパスワードジェネレータ

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する

ランダムパスワードを自作するのが面倒な方へ

OS X 標準のアプリでパスワードを生成出来るってご存知でしたか?

cap_20130202_111932.jpg

微妙にイレギュラーな使い方ですが、安全性の高いランダムパスワードをいちいち考えるのが面倒な方は試してみて下さい。

以下、個人的に何となくキーチェーン情報を直接書き換える事には抵抗があるので、キーチェーンアクセス.app に作ってもらったパスワードをメモって、サービスに再ログインする際にこのパスワードを入力する方法を紹介します。

直接書き換える事に抵抗がない方は、下記手順 (2) で保存済みのログインキーチェーンを選択後、手順 (3) で[i]ボタンをクリックして下さい(その後の手順は概ね上記と同じ)。

  1. Macintosh HD/アプリケーション/ユーティリティ/キーチェーンアクセス.app を開く
  2. ウインドウ左側のキーチェーンの項目で "ログイン" を選ぶ
    → 鍵アイコンのキーチェーン項目であれば何でも良いけど、とりあえずということで σ(^_^;)
  3. ウインドウ下辺に並んでいる[+][i][コピー]ボタンの[+]をクリック
  4. ウインドウ上辺から降りてくるシート内にある鍵アイコンをクリック
  5. タイプと長さを選択してパスワードを作らせる
    cap_20130202_114214.jpg

    タイプは "ランダム" などを選択し、長さ(桁数)は可能な限り長く

  6. 生成されたパスワードをメモって、対象サービスに再ログインする際にこのパスワードを入力する:登録済みのキーチェーンの場合はこの時点で新しいキーチェーン情報に上書きされます

ここで用いた手順や画像は OS X 10.8 のものなので、OS X 10.7 以下では用語やウインドウ、手順などで細かな違いがあると思いますが、基本的な使い方は殆ど変わっていないはずなので参考にはなると思います。

パスワードの生成や保管・管理に上記のような手間は出来るだけかけたくない……というような場合は 1Password のような管理アプリケーションがオススメです。

cap_20130202_115445.jpg

iOS 用の 1Password と同期していれば便利さは更に UP

1Passwword のバックアップさえしっかり取れていれば、OS をクリーンインストールした際もほぼ手間要らずでパスワードを復元出来るので超絶便利です。

私の中では OS の次に大事なアプリと言えるかも♪

1Password (ver. 3.9.6) iTunes
ジャンル:仕事効率化
サイズ :11.50 MB
価 格 :2200 円(記事作成時)
1Password for iOS (ver. 4.1.2) iTunes
ジャンル:仕事効率化
サイズ :21.96 MB
価 格 :800 円(記事作成時)

1Password for Windows は AgileBits からお求め頂けます。

AdSense

Ads

Blog Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。