スポンサーサイト

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MacBook_Pro_Retina_15インチで描画性能が急落する不具合

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する

稀に起こるグラフィック性能の急落問題と対処法

MacBook Pro Retina の 15-inch モデルではグラフィック性能が急激に低下する不具合が稀に起こるようです。

MacBook Pro Retina

image from I Like E-Tech

このトラブルが生じた場合、SMC リセットを行う事で復旧出来るようです。

SMC リセットの方法は Apple のサポート文書で解説されていますがちょっと解りにくいかも知れません。

MacBook Pro Retina は "自身で取り外し出来ないバッテリーを使用するポータブル Mac" に該当するので、この場合の SMC リセット手順を以下に抜粋しておきます。

  1. コンピュータを終了させる(電源を切る)
  2. 必ず MagSafe アダプタを繋いで下さい
  3. MacBook Pro Retina の左側に配置されている[shift][control][option]キーを押しながら電源ボタンを押す
  4. 全てのキーとボタン(shift, control, option, 電源)を同時に放す
  5. 電源ボタンを押して MacBook Pro Retina を起動する

このプロセスで MagSafe アダプタのパイロットランプの点灯状態に変化があるかもしれませんが、気にせずにそのまま MacBook Pro Retina の起動を完了させれば OK です。

この不具合については "気になる、記になる..." さんで詳説されていますのでそちらをご覧下さい。

AdSense

Ads

Blog Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。