スポンサーサイト

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iTunes_11、フルスクリーンとミニプレイヤーを同時に使う方法

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する

Mission Control とフルスクリーンの併用派には便利かも

以下の手順通りに進めると iTunes 11 をフルスクリーンモードで開きつつ、ミニプレーヤーも同時に使う事ができます(多少制限あり)。

cap_20121201_105952.jpg

iTunes 11 のメイン画面右上にあるミニプレーヤーボタンをクリックすると上図の左側に表示されているようなミニプレーヤーに切り替わるのですが、この方法では表題の表示方法には出来ません。以下手順。

  1. iTunes 11 を起動
  2. Dock の iTunes 11 アイコンを右クリックして表示されるメニューから "オプション" を選び、割り当て先を "すべてのデスクトップ" にする
  3. iTunes 11 の "ウインドウ" メニューから "ミニプレーヤー" を選択
  4. iTunes 11 をフルスクリーンモードにする

これで iTunes 11 をフルスクリーンモードにしたままで Mission Control による全てのデスクトップ(iTunes 11 以外のフルスクリーン画面を除く)にミニプレーヤーが表示されます。

デスクトップを切り替えた際にミニプレーヤーが他のウインドウに隠れて探しにくいことが多い場合は、iTunes 11 の環境設定から詳細タブを開き、"ミニプレーヤーをほかのすべてのウインドウより常に手前に表示" の項目を ON にしておくと良いでしょう。

なお、iTunes をアクティブにする方法は二通りあります。

  • Dock の iTunes アイコンをクリック or [command]+[tab]で切り替え
  • ミニプレーヤーをクリック

前者は必ず iTunes がフルスクリーン表示されているデスクトップに切り替わりますが、後者は表示されているデスクトップのままで iTunes がアクティブになります。

iTunes のメニュー項目をちょっと操作したいだけ、iTunes 用のキーボードショートカットを入力したいだけ……という時にいちいちメインウインドウに切り替わられると煩わしいと思うので、そのような場合は後者の方法で iTunes に切り替えて下さい。

via Mac OS X Hints

AdSense

Ads

Blog Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。