スポンサーサイト

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

力技で手元のHDDとSSDを用いてFusion_Driveにする方法

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する

Fusion Drive 登場まで待ちきれない猛者はお試しあれ

既存の Mac に組み込んだ HDD と SSD を使って Fusion Drive 化させちゃったぜ!的な記事が最近目にとまるようになりました。

最初に見たのは "Fusion drive on older Macs? YES!" という tumblr の記事。

cap_20121106_131624.jpg

Terminal コマンド山盛りで何がなんだかさっぱり分かりませんが、要するに『できる』ようです。

そして今日は別の記事も見つけました。こちらは MacBook Pro (Late 2010) を用いた実践例のようです。

cap_20121106_131945.jpg

やっぱり Terminal コマンドが山盛りです。

写真が添えられているぶんだけ先のページよりは幾分分かりやすいようにも思えますが、なにぶん Terminal コマンドは全く未知の領域なので先のページと比べて内容的に(難易度的に)どうなのかさっぱり分かりません(苦笑)

とりあえず、現時点での Disk Utility は (多分) 使えないなどの障害はあるものの、材料とスキルさえあれば Fusion 化して使うことは可能なようですので気になる方は試してみて下さい。

なお、実践されるにあたっては如何なる不具合が生じようとも一切責任を負いませんので、くれぐれも自己責任においてチャレンジ下さいますようお願い致します。

AdSense

Ads

Blog Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。