スポンサーサイト

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10.8、Gatekeeper非対応アプリを簡単に開く方法

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する

いちいちセキュリティ設定を解放する必要なし

インターネットからダウンロードしてきたアプリケーションが OS X Mountain Lion (App) から備わっている Gatekeeper というセキュリティ機能に対応していない場合、そのアプリケーションを起動すると下図に示す警告画面が表示されます。

cap_20121104_105012.jpg

この警告はそのアプリケーションを一度起動させてしまえば次からは出なくなるので、多くの方は一時的にセキュリティ設定を解除してアプリケーションを起動させ、その後にセキュリティ設定を元に戻すという手順を踏まれているのではないかと思います。

システム環境設定 > セキュリティとプライバシー > 一般
cap_20121104_105200.jpg
一旦 "すべてのアプリケーションを許可" に変更し Gatekeeper 非対応アプリを起動したら元の設定に戻す

しかし、いちいち設定変更しては戻す……という操作をするのは面倒くさい!

そんな時に便利なのが以下に示す起動方法。

cap_20121104_105025.jpg
control+クリックなどでコンテキストメニューを開き、そこから起動する

すると、普段とはちょっと違う警告画面が表示されるので……

cap_20121104_105035.jpg
警告文も、表示されているボタンも冒頭の警告画面とは少し異なる

……このダイアログで[開く]をクリックすれば滞り無く件のアプリケーションの起動が出来、もちろん、以後このアプリを普通に起動しても警告は出なくなります。

"すべてのアプリケーションを許可" で使い続けることには安全性の不安があるが、かといって Gatekeeper 対応アプリのみに起動を許す設定にしておくと頻繁に警告が出るので鬱陶しい……という方はこの方法を覚えておくとストレスが軽減されますよ。

但し闇雲に Gatekeeper をスルーさせるのは安全性上問題がありますので、その辺りは呉々も慎重に判断するようにして下さい。じゃないと、Gatekeeper をオフって使うのと同じになっちゃいますから。

AdSense

Ads

Blog Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。