スポンサーサイト

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iOS_6で絵文字を使う場合は互換性に注意が必要

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する

iOS 6 には他機種との互換性が低い絵文字が多数あるので要注意

SoftBank Mobile の iPhone のページに "iOS 6 より新たな絵文字が追加されました。追加された絵文字を iOS 6 以外のデバイスに送信した場合は、正しく表示されない場合があります。" (リンク先は PDF 書類) というお知らせが掲出されています。

cap_20120926_173749.jpg
SoftBank の資料から一部を抜粋

iOS 6 同士、或は OS X 10.8 Mountain Lion 環境とのやり取りでしたら追加絵文字を使っても恐らく何の問題もありませんが、これはむしろ特異な例と考えておく必要がありそうです。

[2012/9/28 追記]OS X Mountain Lion 標準のメール.app から iOS 6 (sonfbank) へ送信する場合でも、宛先が i.softbank.jp の場合は上記赤枠の絵文字は "〓" になってしまうようです(参考)。

絵文字パレット上で従来の絵文字と追加された絵文字を一見して区別することが出来ないので互換性を意識しながら使うのはちょっと、ねぇ〜 (^_^;A

何か打開策が Apple 側などから提供されれば良いのですが、それまでは精々『見慣れぬ絵文字の使用は避けるようにする』くらいしか手が無いかもしれません。

なおこの件は au の iPhone (iOS 6) を使われている場合も同じです。

AdSense

Ads

Blog Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。