スポンサーサイト

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

着信音を即席で作るならQuickTime_Player

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する

手っ取り早さを求めるなら QuickTime Player が便利

以下の手順で作業すれば任意の曲を『短時間で』着信音(着メロ)化できます。

(1)任意の曲ファイルをデスクトップに複製

例えば iTunes に入っている曲をデスクトップに複製しておく。失敗などを考慮してオリジナルファイルは残して複製したものを使う方が良い。

cap_20120819_105936.jpg

(2)ファイルを QuickTime Player で開く

cap_20120819_110243.jpg
[ヒント]このウインドウは少し拡大させておいた方があとの作業がしやすい

(3)トリムモードに入る

command + T を入力するとトリムモード(編集:切り取り)に入ります。もちろん QuickTime Player の編集メニューから "トリム" を選んでも OK です。

(4)任意の 30 秒を定める

波形上の左右に表示されている黄色いバーを動かして切り取りたい部分を決めます。スタートポイント、エンドポイントともドラッグすると時間が表示されるので、これを参考に 30 秒(未満)の範囲を見定めて下さい。

cap_20120819_111211.jpg

(5)トリムを確定して書き出す

範囲が決まったら[トリム]ボタンをクリックして切り取り範囲を確定させ、ファイル>書き出す... から作業済みのファイルを書き出します。

cap_20120819_111856.jpg
[ヒント]フォーマットは "オーディオのみ"、ファイル名・保存先は任意

以上の作業により『xxxxx.m4a』というファイルが出来上がりますが、そのままでは着信音に使用できないので拡張子の『m4a』の部分を『m4r』に打ち直します。

この『xxxxx.m4r』をダブルクリックするか、iTunes ウインドウにドロップするなどすると着信音ファイルとして取り込まれるので、あとは iPhone に転送して設定すれば OK です。

慣れれば 30 秒も掛からない作業ですのでぜひお試しください♪

とはいえトリムポイントを厳密に定めるには不向きな方法なので、そういう方は GarageBand などのちゃんとしたアプリを使って作業される事を推奨いたします。

via OS X Diary

OS X 10.8 Mountain Lion で確認しています

GarageBand (ver. 6.0.5)  App
ジャンル:ミュージック
サイズ :191.04 MB
価 格 :1300 円 (記事公開時)
Ringer - Ringtone Maker (ver. 1.3.2)  App
ジャンル:ミュージック
サイズ :12.26 MB
価 格 :350 円 (記事公開時)
AdSense

Ads

Blog Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。