スポンサーサイト

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Finderから直接iCloudのファイルにアクセスする

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する

アプリケーションからではなく Finder からファイルを開く方法

OS X Mountain Lion (App) でテキストエディットを開くとこのようなウインドウが出るので、ここから iCloud に保存されているファイルにアクセスできますが……

cap_20120807_110501.jpg

なんか違和感があります(新規ファイル作成なら構わないんですけど)。

例えば保存済みのファイルを修正したいような場合……

  • アプリケーションを立ち上げてから作業ファイルを選択する
  • 作業ファイルをダブルクリックする

上記操作のどちらがより自然で直感的だと思います?

大抵は後者を選ばれるのではないでしょうか(古来の Mac ユーザは特に)。Mac = 直感的と評される大事な要素の一つだと思うのですが……。

そこでお試し頂きたいのが以下の方法。この方が幾分 "Mac OS らしい" 感じでファイルを扱えるんじゃないかと思います。

  1. 以下のディレクトリにアクセスします
    Macintosh HD/ユーザ/(username)/ライブラリ/Mobile Documents
    cap_20120807_114038.jpg
    "ライブラリ" は非表示なので option キーを押しながら移動メニューから "ライブラリ" を選択すれば OK
    この時 Mobile Documents のウインドウ名は "iCloud" として表示されていますが気にしなくても大丈夫
  2. この "Mobile Documents" フォルダを Dock にドラッグして登録

これだけです。

通常はアプリケーションを起動してからファイルを選ぶという順を追わなければなりませんでしたが、こうしておけば(ダイレクト性にはまだ欠けますが)目的ファイルを直接選択できるようになるので冒頭に書いたような違和感は薄まります(私はそう感じているけど、皆さんはどうかな/苦笑)。

cap_20120807_114805.jpg

Dock に登録した Mobile Documents がただのフォルダで分かり難ければ適当に iCloud な画像を探して Mobile Documents フォルダのアイコンとして貼付けてはいかが?

via Mac OS X Hints

AdSense

Ads

Blog Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。