スポンサーサイト

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Safari用カスタムCSS(お手軽版)

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する

Safari 6 の明朝体(デフォルト)が肌に合わない方へ

先日のエントリー、"Safari 6 でフォントを(頑張って)指定する方法" で書いた事と全く同じですが、よく分からない方用に CSS ファイルを用意してみました。

cap_20120729_173453.jpg

用意した CSS ファイルは上図で示した 7 パターンで以下の通り。

  • safari_osaka.css:Osaka
  • safari_HiraKaku.css:ヒラギノ角ゴシック
  • safari_HiraMaru.css:ヒラギノ丸ゴシック
  • safari_Lucida_osaka.css:Lucida Grande + Osaka
  • safari_Lucida_HiraKaku.css:Lucida Grande + ヒラギノ角ゴシック
  • safari_Lucida_HiraMaru.css:Lucida Grande + ヒラギノ丸ゴシック
  • safari_Lucida_Aqua.css:Lucida Grande + OS X システムフォント

以下、使用方法とダウンロードリンク。

  1. 文末のリンクからファイルをダウンロード
  2. ダウンロードされたファイルを解凍
  3. 解凍で出てきたフォルダを書類フォルダなど任意の場所に移動
  4. Safari の環境設定>詳細タブ のスタイルシートの項目、プルダウンメニューから "その他..." を選びファイルウインドウから (3) 内の目的のファイルを指定
  5. 設定は以上で完了です。違う CSS ファイルを使いたい場合は (4) の要領で選び直すだけです。

    [補足]
    ・殆どの場合、Webページ側のフォント指定よりも上記ファイルの指定が優先されますが、ページや箇所によってはカスタムスタイルが適用されない場合があります
    ・まれにカスタムスタイルシートが原因で表示レイアウトが崩れる事があります
    ・適用中の CSS を改変した場合、Safari を再起動するか上記手順 (4) で再度同じファイルを選択しないと変更が適用されません

    ファイルの改変、再配布に制限はもうけていませんのでご自由にどうぞ。なお、使い方や記述法などの問い合わせには応じかねますので各自お調べください。

    【ダウンロード】Safari_CustomCSS.zip @ Dropbox

AdSense

Ads

Blog Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。