スポンサーサイト

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

隠したDockが現れるまでのタイムラグ調整

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する

マウスで隠してある Dock を呼び起こす時の時間差を調整する方法

terminal_image.png

例えば Dock を画面の下辺に隠す設定にしてある場合、マウスポインタを画面の下辺に持って行くと多少のタイムラグを経て Dock が迫り出してきますが、このタイムラグが気持ち悪いなら以下の要領でコマンドを入れると良いそうです。

defaults write com.apple.Dock autohide-delay -float 0 && killall Dock

この例ではタイムラグを "0" に設定(-float 0)しているので Dock は即応するようになりますが、これが敏感過ぎるようなら "0" を適当な値に変えて調整して下さい。

元に戻したい場合は……

defaults delete com.apple.Dock autohide-delay && killall Dock

……と入力です。

コマンドを実行すると一瞬画面がフラッシュするような感じになりますが、これは killall Dock による Finder の再起動の影響なので異常ではありません。

via Mac OS X Hints

AdSense

Ads

Blog Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。