スポンサーサイト

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウィンドウを復元させずにアプリを起動する方法

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する

必要に応じてウィンドウを復元させずにアプリを起動させる方法

OS X Diary より

OS X Lionicon の "再開" 機能、便利ですか? 不便ですか? たぶん大方は『便利なんだろうけど時度場合によって鬱陶しい』という風に感じられているのではないでしょうか。

もし、この機能のお世話になるつもりが無いというのであれば話は簡単で、システム環境設定でこの機能をきってしまえば良い訳ですが……

system_resume.jpg
【クリックで拡大】

完全にオフってしまうと、それはそれで不便……という方もいらっしゃるでしょう。

これが例えば『次回起動する時は環境を "再開" しなくてヨロシ』というのなら、アプリを終了する時に option を押せば良いだけ。そうすると普段は "xxx を終了" となっているメニュー項目が……

apps_noresume.jpg

……という表示に変わるのでこれを選択すれば OK。

ただ、必ずしも『次は再開しなくても良いわ』と判っているとも限らず、逆に『今回は(前回の環境を)再開させずにまっさらな状態で立ち上がって欲しいのよ…』という場合もあるはず。このような場合は……

Shift を押しながらアプリを起動

これで "再開" を機能させずにアプリを起動する事が出来ます。ただし、この時点でその前の起動状態は忘却の彼方へと送られますのでご注意ください。

AdSense

Ads

Blog Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。