スポンサーサイト

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スクリーンセーバをキャプチャする方法

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する

スクリーンセーバが動作している画面をキャプチャしたい場合

OS X Diary より

以下の手順でスクリーンセーバが動作している画面のキャプチャを撮れます。

  1. システム環境設定>デスクトップとスクリーンセーバ を開く
  2. "スクリーンセーバ" タブを開き、任意のスクリーンセーバを選択
  3. shitcommandを押したまま[テスト]ボタンをクリック
  4. shitcommandは押したまま、好きなタイミングでを押す

スクリーンセーバは何らかの入力(キー操作など)があると解除されてしまうのでshiftcommandを押したままを叩く全画面キャプチャを撮るのは至難の業ですが、上記のように先にshiftcommandを押しっぱなしにしておけばこれを回避して撮影できる、ということですね。

cap_201201181128.jpg

ちなみに……

ユーティリティフォルダに入っている "グラブ.app" でタイマー撮影を利用すれば同じくスクリーンセーバ作動中の画面を撮影できます。

cap_201201181130.jpg
アプリケーション>ユーティリティ>グラブ.app の取り込みメニューから "タイマー" を選択

ただし、タイマー撮影では指示をした 10 秒後の画面を撮ることしか出来ないので、刻々と変化するスクリーンセーバを任意のタイミングで撮影するなら先に紹介した方法を使って下さい。

クラブによる撮影は先のスクリーンセーバ設定の[テスト]を利用するほか、ホットコーナーを設定するなどして普通にスクリーンセーバを作動させても撮影できます。

AdSense

Ads

Blog Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。