スポンサーサイト

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サービスメニューから動画や音声ファイルをエンコードする方法

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する

ちょっとしたエンコードならサービスメニューから可能

OS X Diary より

mp3 などの音声ファイル、mov などの動画ファイルは Finder のサービスメニューからエンコード可能。例えば音声ファイルだと……

cap_201201171211.jpg
【クリックで拡大】

例えば動画ファイルだと……

cap_201201171214.jpg
【クリックで拡大】

という画面をサービスメニューから呼び出してエンコード内容を指示するだけです。

やり方は至って簡単で、動画や音声ファイル上で右クリック(control+クリック)をし、サービスメニューから以下の項目を選ぶだけです。

  • 動画の場合:”選択したビデオファイルをエンコード"
  • 音声の場合:"Encode Selected Audio Files"

英語環境だと前者は "Encode Selected Video Files" と表示されます。

もしこの項目がサービスメニューに見当たらなければ、“システム環境設定>キーボード>キーボードショートカット”を開き、ウィンドウ右側のリストウィンドウで“ファイルとフォルダ” から……

cap_201201171221.jpg
【クリックで拡大】

……この赤枠の項目にチェックを入れれば OK です。

なお、これは OS X 10.7 Lionicon を例に説明していますので、Mac OS X 10.6 Snow Leopard 以下では多少異なるかもしれません。

AdSense

Ads

Blog Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。