スポンサーサイト

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iTunesの再生音を消す方法

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する

微妙に役目の違う『音が聞こえなくなる』ショートカット

まずはこちらのコマンド。


cap_20111216105447.jpg

このコマンドではボリュームスライダーの位置(ボリュームの設定値)がキープされた状態で音の出力が抑えられます。同じコマンドを入力する事でミュートが解除され、元々のボリュームで音の出力が再開されます。

入力と結果が非常に似ているコマンドがこちら。


cap_20111216105452.jpg

こちらはボリュームスライダーを「0」ポジションに飛ばすコマンド。結果的に音が出なくなるという点では "消音" ですが、前者と違ってボリュームの設定値自体を変更しているので消音状態を解除する為には改めてボリュームを調整し直す必要があります。

ただし、iTunes のボリューム設定を最大にしているならでボリュームスライダーを最大値に飛ばせますので、運用的には前述のミュートとの違いは無くなります。

でもまあ、こんな違いをいちいち悩む時間が惜しければ迷わず……

曲の再生が止まりますから当然音が出なくなります(笑)

もちろん Keyboard の(或は)でも OK です。ただしこちらは Mac から出る音全てをミュートしますから、iTunes の音のみをミュートする事にはなりません。

AdSense

Ads

Blog Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。