スポンサーサイト

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Finderウィンドウの表示スタイル

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する

ちょっとカスタマイズするだけで使い勝手は結構変わる

Finder ウィンドウにどういう情報を表示させて利用するか、意外と気にしていないんじゃないかと思いますが、ツールの表示/非表示の組み合わせを見てみると……

サイドバーツールバーステータスバーパスバー(見本)
表示表示表示表示1111
非表示1110
非表示表示1101
非表示1100
表示非表示←この組み合わせは不可
非表示表示表示表示0111
非表示0110
非表示表示0101
非表示0100
非表示表示表示0011
非表示0010
非表示表示0001
非表示0000

全部で 12 通り (ツールバーを非表示に設定した場合は自動的にサイドバーも非表示になるため上表の通りこの組み合わせだけはできない) もござりやす。

全てを表示させるのが万人向けかもしれませんが、例えばツールバーに "パス" ボタンを設置しているのならパスバーは非表示でも構わないかもしれませんし……

finder_0000.jpg

旧 Mac OS のようにすっきりルックがお好みの方も当然いらっしゃるでしょう。

見た目と使い方、それぞれを天秤にかけつつツールバーに設置するボタンも絡めながら自分にとって使い易い表示スタイルを研究してみては如何ですか?

ツール類の表示/非表示は Finder の "表示" メニューから切り替えます。パスバー以外はキーボードショートカットからも切換え可能です。

OS X Lion (ver. 10.7.2)  App
ジャンル:仕事効率化
サイズ :3794.41 MB
価 格 :2600 円 (記事公開時)
AdSense

Ads

Blog Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。