スポンサーサイト

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Trackpadのジェスチャ、私の場合

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する

殆どデフォルトだけど、僅かにカスタマイズはしてるのです

私が普段使っているマルチタッチジェスチャ(Magic Trackpad)はこんな感じ。

my_multitouch_gestures.jpg
【クリックで拡大】

一番使うのはもちろん二本指上下左右スワイプによるスクロール操作ですね。

三本指の左右スワイプで FInder や Web ブラウザの履歴を往来できるのも重宝しています。この設定だと Safari で履歴を往来する時に二本指にしようか三本指にしようか悩むことがありますが(苦笑)

四本指でのピンチインで Launchpad (図中は間違えて Launch Pad と書いてしまった)も割と多用していますが癖で もよく使います。

四本指左右スワイプでデスクトップを切り替えるのもそこそこ使用。音楽を聴きながら……という時に iTunes を横においておいて手動で曲を切り替えるときなどに使います。 を押しながら or でも切換え可能。

四本指上下スワイプは同じ処理を画面隅のホットスポットにも指定してあるので、私の場合はどちらかというと後者の操作で呼び出すことが多いかも。ちなみこちらは を押しながら で Mission Control、 を押しながら で Application Exposé を呼び出せます。

これらは全て OS X Lionicon の標準状態で使用できるマルチタッチジェスチャですが、これ以外に多用する(したい)操作は BetterTouchTool でカスタマイズしています。

この中で私が依存しきっているのは Mail.app に割り当てた2つの操作。

読んだら消す、保留しておいて次のメールを読む、といったことが常なのでこの設定を加えておけば操作は Magic Trackpad でほぼ賄えます。私の場合、左手親指が常に 付近にあるのでコンビネーション操作には何の不便もありません。

BetterTouchTool はもっと複雑な操作によるカスタマイズも可能で色々試していた時期もありましたが、結局は自然に捌ける単純な操作だけが現在生き残っています σ(^_^;)

AdSense

Ads

Blog Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。