スポンサーサイト

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SSDを突っ込んだクラムシェルiBook

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する

10年前のマシンでもSSDを入れれば現役復帰?

SSD を突っ込んだクラムシェル iBook と HDD のままの PowerBook G4 による起動速度対決!


http://youtu.be/jPnIk0JMAXk

SSD iBook のグレースクリーン明け、懐かしいプログレスバーの進行速度が尋常ではありません(笑)

対決結果は言うまでもなく、約 40 秒で起動を終えた SSD iBook の大勝利! iBook の起動が終わった頃に PowerBook はようやくプログレスバーの画面に切り替わっています。

ちなみにスペックは以下の通り(カスタマイズデータ含む)。

  • iBook (M7720LL/A):2000 年 9 月発売、PowerPC G3/466、576 MB RAM、Transcend 32GB SSD (MLC)
  • PowerBook G4 (M9677LL/A):2005 年 1 月発売、PowerPC G4/1.67、1.5 GB RAM、100GB HDD

OS は Mac OS X Tiger 10.4.11 とのことなのでまだ現役で使えない事も無いですが、セキュリティ面での不安は若干ありますし、マシンパワーも YouTube などのメディアを利用するには心許ないかもしれません。

でもまあその辺りを承知の上でという事であれば、まだまだクラムシェル iBook でも十分に働いてくれそうな気もしますね♪

AdSense

Ads

Blog Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。