スポンサーサイト

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寝床で『ながら読み』するなら

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する

寝床で『ながら読み』するんだけどバックライトが眩しくて……という時は

Mac OS X Hints より

寝床で『ながら読み』するのにディスプレイの明るさ自動調節などで対応している方は少なくないと思いますが、いまいちシックリ来ないと感じられている場合は以下の方法はどうでしょう?

引用元では "設定>一般>アクセシビリティ" から[黒地に白 (White on Blak)]を有効にして……という方法が紹介されていますが、個人的には以下の設定の方が便利難じゃないかな、と。

IMG_0092rev.png
設定>一般>アクセシビリティ>ホームをトリプルクリック

このように設定しておけばホームボタンのトリプルクリックで諧調反転ができるようになりますから、その都度設定画面に足を運ぶ必要が無くなります。

IMG_0094nor.png  →  IMG_0094rev.png

書籍関係ならほとんどが白地に黒文字だと思うので、夜、寝床で『ながら読み』するなら諧調反転した方が見やすそうですね(眼科医的にはどうなのかな?)。カラーも反転してしまうので多色刷りのページを見る時には向いていないかもしれませんが。

AdSense

Ads

Blog Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。