スポンサーサイト

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OS_X_Lion、こんな所にも iOS 風味が隠れていた

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する

これはなかなか気づけないんじゃない?(と思ったのはぼくだけ?)

Apple Support より(該当記事は文末に記載)

唐突ですが問題です。これは Mac OS X Lionicon (10.7.1) のテキストエディタである事をした時のキャプチャ画像。さてどうやったら出来るでしょうか?

cap_20110930235108.jpg

しんきんぐた~いむ! ちっきどんちっきどんちっきちっきちっき……♪

はいそこまで! それでは回答です。

(1)まずはシステム環境設定で "言語とテキスト" を開き US モード(ほかのでも良いけど、これが妥当)を有効にしておく。

syspre_language.jpg
【クリックで拡大】

(2)何でも良いけど、例えばテキストエディットを起動する。

(3)言語モードを(1)で設定した US に切り替える。ことえりの半角英字モードは NG。

(4)例題に則るなら、ここでキーボードのO(おー)を押しっぱなしにしてみる。

さて、どうですか?

候補が表示されるまでのタイムラグは システム環境設定>キーボード の[キーボード]タブにおいて "リピート入力認識までの時間" で調節できます。代用文字を使う機会が多い方は是非♪(リピート入力との併用には難儀するかも?)

これ以外にもウムラウトやアキュートアクセント付きのアルファベットを(ほぼ)直接入力できる方法もあります。これは先月のエントリーで紹介しているので利用機会の多い方は参考になさって下さい。

cap_20110826230331.jpg
【クリックで拡大】

【引用もと】Apple Support Document:OS X Lion:代用文字の入力とスペースまたはシンボルのリピート入力について

AdSense

Ads

Blog Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。