スポンサーサイト

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OS_X_Lion、プレビュー:スクリーンショットも撮れるよ

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する

グラブ.app、キーボードショートカット‥‥あら、プレビューでも Σ(゚Д゚;)

OS X Daily より

キーボードショートカットを使って Mac の画面を撮る(スクリーンショット、キャプチャ)のが最もポピュラーな方法でしょうか。

  • shiftcommand3:画面全体
  • shiftcommand4:画面の一部(選択範囲)
  • shiftcommand4 の後に space:任意のウィンドウ

ただ、これでも意図したショットを撮影できない場合があるので、そういう場合はユーティリティフォルダに入っている "グラブ.app" を使って、例えばタイマー撮影なんかをする場合も。

cap_20110908113015.jpg

OS X Lionicon ではこれらに加えてもう一つのアプローチが設けられていたようで……

プレビュー.app のファイルメニュー内にもスクリーンショットを撮影するための項目が用意されていました。

cap_20110908113348.jpg
【クリックで拡大】

各操作では微妙に過程や結果が違います。

  • キーボードショートカット:撮影タイミングはコマンド入力と同時、画像は PNG 形式でデスクトップに保存
  • グラブ:撮影タイミングはコマンド入力と同時(タイマーは10秒後)、画像は TIFF 形式で保存先は選択可能
  • プレビュー:撮影タイミングはコマンド入力と同時(全画面撮影は10秒後)、画像形式・保存先は選択可能(画像形式は PNG がデフォルト)

やはり勝手が良いのはキーボードショートカットだと思いますが、その時の状況で使い分けが出来るようになると使い勝手や作業効率が良くなりそうですね。

ちなみに保存時のファイル名を変更できるのは後者の2つ。キーボードショートカットでは「スクリーンショット 年- 月- 日 時.分.秒」というタイムスタンプ付きの書式で保存されます。

[追記] どうも 10.5 から既にあった機能のようです。確認を怠っていました、申し訳ありません。

AdSense

Ads

Blog Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。