スポンサーサイト

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

App_Storeアプリに隠されてるElement_Inspector

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する

Mac App Store のアプリケーションも Safari 同様のインスペクタを備えている

OS X Daily より

一般ユーザの我々にどの程度利用価値があるのかは分かりませんが紹介だけ(苦笑)

Terminal で以下のコマンドを入力して特定の操作をすると、Mac App Store でも Safari や Google Chrome などでも見られる Element Inspector を表示させられるそうです。

入力するコマンドは……

defaults write com.apple.appstore WebKitDeveloperExtras -bool true

このあと、Mac App Store を起動して価格ボタンの右横にある "▼" を右クリックすると項目が出るので選択します。

cap_20110908110522.jpg

とまあ、こんな具合。

ちなみに Mac App Store のトップページ表示にいつも時間が掛かるので何が引っかかっているのか見てみたら "http://itunes.apple.com/WebObjects/MZStore.woa/wa/viewGrouping?id=29562&mt=12&s=143462" へのやり取りに約12秒を要していました。これが何なのかは知りませんけど(笑)

あ、忘れていましたが元に戻すには冒頭のコマンド末尾を true ではなく false で。

defaults write com.apple.appstore WebKitDeveloperExtras -bool false

Terminal を使ってファイルを直接書き換えますので、使用に当たっては自己責任でお願いします。コマンドの入力は Mac App Store が起動していない状態で。

AdSense

Ads

Blog Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。