スポンサーサイト

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

command+f1、このショートカットの認知度は低いですか?

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する

command + tab でアプリの切り替え、じゃあ、command + f1 は?

Mac App Store を散歩していてとあるアプリのレビューをみていたら、Mac は command + tab でアプリケーションの切り替えが出来るけど、一つのアプリケーション内で開いている複数のウィンドウを切り替えられないのが不便……的な書き込み数件に遭遇。

もしかして command (+fn) + f1 って知られてない?

これ、アプリ内のウィンドウを切り替えるためのキーボードショートカット。入力ごとにウィンドウが切り替わり、shift を組み合わせると逆送りも可能。

残念ながらアプリケーションを横断して全てのウィンドウを渡り歩く事はできませんが、アプリ内でのウィンドウの切り替え(例えば Mail.app のメインウィンドウの背後に、メール作成ウィンドウが隠れちゃったとか)にはかなり使えるコマンドなので覚えておいて損は無いと思いますよ。

fn キーを組み合わせるのが面倒な場合はこちら。

keyboard_function.jpg
【クリックで拡大】

ここのチェックを入れておくと fn を押さなくても f1f12 がファンクションキーとして機能します。その代わり輝度・音量調整や Dashboard 呼び出しなどの機能ボタンとして使う場合は逆に fn を押す事になります。

AdSense

Ads

Blog Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。