スポンサーサイト

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

覚え難いけど便利!特殊なアルファベットの入力方法

このブログは移転しています。このエントリをEvernoteなどにファイリングされる場合は移転先のものをお使いください。ただし移転に際して一部エントリは削除しています、ご了承ください。
▶︎▶︎ このエントリの移転先に ((移動)) する

é や ü など、覚えておけば文字パレットを呼び出す手間なし

Mac で ü のような記号が付いているアルファベットを入力したい時、大抵は文字パレットを呼び出してパレットから入力するという面倒なことをしていると思いますが、以下の入力方法を覚えておけばキーボード入力のみで済みます。

cap_20110826230331.jpg

ことえりの場合は次のように操作します。入力モードは[(半角) 英数]。

アキュートアクセント:é や ó など

(option) を押しながらe を先に叩きます。

例えば[é]なら、ee といった具合です。

ウムラウト:ü や ö など

(option) を押しながらu を先に叩きます。

例えば[ö]なら、uo といった具合です。

サーカムフレックス:ô や â など

(option) を押しながらi (アイ) を先に叩きます。

例えば[â]なら、ia といった具合です。

チルダ:ñ など

(option) を押しながらiを先に叩きます。

例えば[ñ]なら、nn といった具合です。

グレイヴアクセント:à や è など

(option) を押しながら_ (アンダースコア) を先に叩きます。

例えば[è]なら、_e といった具合です。

正直覚えにくい……

もし分からなくなったら、ことえりメニューからキーボードビューワを表示させて (option) を押せば、どのキーを使えば記号付きの入力が出来るかをオレンジ色で示してくれるので容易に確認できます。

とはいえ OS X Lion からは Exposé が無くなっちゃったし、ことえりなら「えくすぽぜ」で変換できちゃうし、そもそも普通は滅多に使わない文字だと思うので忘れちゃいますよね……ウムラウトだけは使うキーが発音と同じなので記憶に留まってくれるかもしれませんが σ(^_^;)

2011/08/26 のエントリーを再構成しました

AdSense

Ads

Blog Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。